探偵言いたい放題

異人「老婆」(ろうば) -後編-

 老婆は鋭い眼差しでこちらを見ながら、そしてまたしても金歯を輝かせながら言った。「それではお願いします。」
 私は、察知した。家の中にある何か不気味なものを。するとタイミングよく新米探偵の原松から私の携帯に電話が入った。別件の調査についてであった。
 「先生(※私のこと)、私の任務はここまでです、後はお願いします。私がそちらに行きますから交代して下さい…」と、私は後輩の頼みだ聞いてあげようと思いながら内心「ラッキー~!」と思ったかな!!~
 老婆に別件の調査の都合上、私に変わって他の者が参りますと話した瞬間、三度(みたび)金歯を光らせた。老婆の警戒心を察知した私は、即座に話した。「来るのは、新米の調査員で、原松といいます。新米ですが、言うことをよく聞く男です。」と話すと、老婆は、笑顔でうなずいた。
 この老婆は、本当に顔に出やすいタイプであった。
 しかし、原松が来るまで、まだ、1時間以上はかかる。原松にも悪いので、また、私の任務を遂行するため、家屋の中の検証をすることにした。
 老婆の案内に連れられて私は、家屋へ向かった。
 家屋の前に着いた。古びた引き戸式の玄関の右横には、大きな番犬がいた。

探偵事件ファイル「異人老婆の番犬」 その番犬の横には、草が剥がれた跡のような幅50㎝位の奥につながる細い通路があった。私は、その通路を見つめて一歩踏み込もうとした瞬間、
 「ウゥゥゥ…、ワンワンワンワンワン…」異常なほどに番犬が吼え始めた。今にも私に噛み付くような勢いであった。
 私は、ここで疑問点がいくつか浮かんだ。
 まず第一に、幅50㎝位の細い通路である。まるで何かを複数回引きずってできたような草が剥がれてできた道である。
 第二に、その道の奥に何があるのか?その道は、果てしなく奥の方へ続いているのである。
 第三に、番犬の位置とその細い通路の関係?私には、どう見ても、その細い道の奥へ誰も入れないように番犬がいるような気がしてならなかった。
 第四に、老婆の細い通路を見る眼差しである。先程も触れたようにこの老婆は、表情に出やすいタイプである。何かある顔つきであった。
 さあ、いよいよ家屋へ入るため老婆が歩き始めた。
 すると、驚いたことに玄関を開けず、番犬とは逆の左奥の方へ連れて行かれた。するとそこには、小さな裏口のようなドアがあり、そのドアを開けて、どうぞ中へと老婆が案内した。またしても予想もつかないことであった。何故、玄関から入らないのだろうか?
 私は、いよいよ家屋の中へ入った。すると…
 入った瞬間、生臭いにおいが私の鼻を直撃した。「ウェッ なんだこの臭いは」
 部屋は古い木造作りで、湿気が多い感じがした。それにこの臭い。「ウェッ」
 更に、奥へ案内された。そこは、老婆の寝室であった。この寝室もまた、不思議であった。一階の部屋にもかかわらず、何故、こんなに天井の高さが低いのか?まるで、屋根裏の部屋である。ここで老婆がミカンをくれ、お茶を入れてくれた。
 しかし、老婆を含め、この屋敷は本当に不思議なところである。驚きと吐き気の連続である。様々な疑問が再び脳裏をよぎったその瞬間
 「ウェッウェッウェッ」得意の推理をする前にこれである。まさしく、自身のDNAまで犯される"老婆ウイルス"の潜入といったところである。
 寝室で老婆が指差した。「ココココ。この畳を持ち上げて、盗人が侵入してくるのです。ほら、盛り上がっているでしょう」そこを見ると確かに畳が盛り上がっているが、この湿気では、畳も盛り上がるだろう…。
 寝室の検証が済んだ時、「これで検証は終わり。とにかく盗人を捕まえてほしい」と老婆が言うと、私は「そちらの奥の方の部屋はいいんですか?検証しますか?」と話すと、老婆の表情が変わった。「いい。余計は禁物」と怒鳴った。外へ出ることにした。
 私は脳裏がリンクした。その奥の部屋と番犬横の細い通路の奥はもしかしてつながっているのでは?通路奥を左へ進めるとしたら確かに家屋の裏に回れる。先程行くことができなかった部屋の方向と一致する。
 そんな時、私の携帯が鳴った。原松である。現着のようである。「ヨッシャ!」
 玄関前で老婆に原松を紹介した。老婆は、笑顔で機嫌がよさそうであった。

 すると、家の電話が鳴った。老婆は、ちょっと待っててと言って先程の裏口から家屋へ入っていった。私は"今だ"と思い原松へ指示をした。探偵事件ファイル 異人老婆
 「私が犬へミカンを与えるからそのスキに、そこの細い道の奥へ潜入してくれ。後は携帯で連絡をとろう!」原松は「はい!」と返事をしてそのまま潜入した。上手くいった。優秀な新米探偵である。また、番犬もエサには弱かった。
 すると数分後原松から携帯へ連絡が入った…
 「せ、先生。ギャァ~~」
 それは、恐ろしい現実であった。
 数ヵ月後、原松は亡くなった………